【不動産投資|失敗しないためのコツ】1棟目の物件の種類は、中古戸建てか中古アパートをおすすめします

こんにちは。副業大家のまさどん(@masadon-fudosan)です。
アパート4棟、戸建3戸を所有しています。(2021年11月現在)

今回は、初心者におすすめする物件について解説します。

・不動産投資を始めたい。でも、戸建、アパート、区分マンション、土地、、、色んな手法があって、何を選べば良いのかわからない。
・はじめての不動産投資では、どんな投資手法が良いの?

そんなことで悩んでいる方は、続きをご覧ください。

1棟目におすすめする物件は、中古戸建or中古アパート

私がおすすめする物件は、

中古戸建、もしくは中古1棟アパート/マンション

不動産投資といっても様々な手法があります。

中古戸建と中古1棟アパート/マンション以外にも、新築区分マンション、中古区分マンション、新築1棟アパート/マンション、土地を仕入れての新築アパートの建築など。

たくさんあり過ぎて、どの手法が自分に合っているのか、またそれぞれのメリットやデメリットが全くわかりませんでした。

中古戸建をおすすめする理由

中古戸建をおすすめする理由は、以下のとおり。

  • 金額が安い
    →破産のリスクが極めて低い。
  • 利回りが高い
    →キャッシュフローが出やすい。
  • 客付けに強い
    →戸建は人気。
  • 共同担保として使える
    →1棟ものを購入する際、有利に働く。

小さく始めるのが投資やビジネスの鉄則なので、まずは中古戸建をおすすめします!

中古1棟アパート/マンションをおすすめする理由

中古1棟アパート/マンションをおすすめする理由は、以下のとおり。

  • 投資効率が良い
    →基本的には融資を使うため、資産の拡大スピードが早く、キャッシュフローに厚みが増す。

今は大家業の実績がない人への融資がとても厳しいため、いきなり1棟ものへの融資は無理だと思った方が良いです。

でも、戸建賃貸の実績がある場合は、融資を検討していただけることがあります

まずは、中古戸建で大家としての実績をつくることをおすすめします!

ただし、例外があり、オリックス銀行は、大家業の実績関係なく融資をしてもらえます。

大企業のサラリーマン、公務員など、高属性の方は、オリックス銀行で最初から1棟アパートでも良いかと思います。

ただ、その前提として、周りにアドバイスがもらえる大家の先輩や大家仲間がいれば、という条件付きです。

なぜなら、1棟アパートは多額の借金を背負うことになり、金銭的なリスクが大きいため、気軽に始めることはできないためです。

別記事でオリックス銀行について書いています。

【はじめてのアパート一棟投資】オリックス銀行のアパートローンをおすすめします!

区分マンション・新築アパート他をおすすめしない理由

他の投資手法をおすすめしない理由は、以下のとおり。

土地

まだ土地を買ってアパートを建てるフェーズではない。
なぜなら、土地を仕入れから、家賃が得られるまで約1年かかるため。

毎月のキャッシュフローを厚くしてから、取り組むのがベター。

新築区分マンション

キャッシュフローがマイナスになる。

中古区分マンション

あまりキャッシュフローが出ない。

ただし、管理が楽なため、本業が超多忙な方であれば、検討しても良い。

新築1棟アパ-ト

利回りが低いものが多く、あまりキャッシュフローが出ない。

私の体験談

まさどん

私の体験談です

私が大家としての実績がなかった頃、金融機関6行に飛び込みで訪問し、融資の相談を行い、どちらかというと冷ややかなかな態度をとられたことを覚えています。

基本的に取引のない人の、アポなし訪問は警戒されると思った方が良いでしょう。

6行のうち、まともに話を聞いて下さったのが3行で、結局、地元の信用金庫に融資していただけました。ただし、物件購入費ではなく、リフォーム費として。

つまり、まずは現金で買いやすい中古戸建から、という選択になると思います。

あわせて読みたい

【不動産投資|失敗しないためのコツ】中古戸建てを”買う・買わない”の判断方法 【超初心者向け】中古戸建の探し方徹底解説! 【不動産投資】初心者必見!中古戸建ての探し方(アットホーム)徹底解説

今回は、以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA