【体験談】セミリタイヤを目指す人必見!資産所得で月1万円を作る方法|不動産との比較

こんにちは。不動産投資家のまさどん(@masadon-fudosan)です。
アパート4棟、戸建4戸を所有しています。(2022年1月現在)

今回は、番外編として、不労所得(資産所得)について解説します。

私は、今まで不労所得を増やし続けたことで、2022年にセミリタイヤすることができました

セミリタイヤしたいなら、必ず資産所得を作る方法を知る必要があります。

今まで、不動産投資以外にも、株式投資、電子書籍の出版、ブログ運営、ストックフォトなどに取り組んできましたので、その経験を基に、不労所得を比較します。

・具体的に、どんな不労所得があるの?
・それぞれ、不労所得を作るための方法を教えてほしい。
・不労所得で月1万円を作る難易度、必要な資金や期間は?
・まさどんは、今までどんな不労所得を作ってきたの?
・まさどんの、おすすめの不労所得は?

この記事をご覧いただくことで、

各不労所得の特徴が理解でき、必要な資金や期間、難易度がわかるようになります。

資産所得とは

資産所得とは

資産所得とは、労働をせずに、資産から得る所得のことを指します。

それに対して、勤労所得は、労働の対価として受け取る給与や報酬です。

たとえば時給900円のアルバイトの勤労所得では、1時間あたりの労働の対価として900円の報酬が支払われます。

不労所得はこれとは異なり、1時間働いたかどうかにかかわらず収入が得られます。

FIREをするためには、不労所得を増やし続けることが必要不可欠。

資産所得>生活費

理論上は、この状態になれば労働しなくても生活できることになります。

自分の代わりに働いてくれる資産を持ち、コツコツと不労所得を作り続けましょう。

資産所得のメリット・デメリット

資産所得のメリット

寝ていても、遊んでいても、収入が得られるため、時間の自由が手に入ります

仮に、体調を崩して働けなくなっても、会社が休業や倒産をしても、生活費以上の不労所得があれば、困ることなく、生活ができます。

資産所得のデメリット

資産所得を作るのは、簡単なことではありません

ある程度の時間、労力、資金が必要になるので、自動収益化の仕組みをつくる前に挫折してしまう人が多いのではないでしょうか。

また、この界隈では、詐欺が多いので騙されるリスクもありますし、世間からは怪しいイメージを持たれているではないかと思われます。

資産所得の作り方教えます。簡単ですよ。一日たったの〇分のみ!

そう言って近づいてくる人がいたら、まず詐欺と思って良いと思います。

資産所得を作るのは、簡単ではありませんので、お気をつけください!

資産所得の種類

具体的に、資産所得には、以下のようなものがあります。

  • 不動産からの家賃
  • 株の配当金
  • 本の印税
  • 音楽の印税
  • 写真の使用料

どれが良いとか悪いとかはないので、それぞれ特徴を理解して、自分に合った不労所得を選ぶことが大切です。

資産所得で月1万円作る方法

今まで取り組んできた資産所得づくりの経験をもとに、月1万円を作るための具体的な方法、必要な期間や資金、難易度などで、比較します。

あくまでも、私の個人的な意見です。客観的な根拠はありませんので、その点、ご理解いただけるとありがたいです。

また、難易度は、資産所得を得る難易度です。セミリタイヤを達成する難易度ではありません。

実際に私が月1万円を達成した体験を基に評価しています。

不動産投資

メリット

  • FIREやセミリタイヤすることができる
  • 銀行融資が受けられる(レバレッジを効かせることが可能) 
  • ちゃんと勉強すれば、まず失敗はしない
  • 税金のコントロールがしやすい
  • リスクのコントロールがしやすい
  • 家賃収入をいただく手法なので、安定している

デメリット

  • かなり勉強する必要がある
  • まとまった現金がないとできない
  • 失敗した場合の損失が大きい
  • 多額の借金をするので、金銭的なリスクを背負う
  • 一度物件を買ってしまったら、気軽にやり直すことができない

必要な資金

最低500万円~

必要な期間

3ヶ月~

難易度

★★★

具体的な方法

中古戸建を1戸買う。

私の経験上、300万円の自己資金で月4万円程度のキャッシュフロー(資産所得)が現実的な金額。

ただし、これは不動産投資1年目の数字。

今後、経験値を積んで、大家としてのレベルが上がれば、物件の仕入れもしやすくなり、安くリフォームできるようになるため、投資効率が良くなるはず。

月1万円の資産所得をつくるには約130万円必要、ということになりますが、現実的には、資産所得月1万円分を買うわけではないですし、突然の修繕に備えて、最低でも500万円程度、必要になると思います。

一言コメント

不動産投資は、不動産、建築、融資、リフォーム、保険、税金、管理など、幅広い知識が必要になるため、かなり勉強する必要がありますが、ちゃんと勉強すれば、まず失敗はしないはずです。

そして、まとまった資金が必要になるため、参入障壁が高く誰でもできる投資ではありません

その分、ライバルが少なくて弱く、比較的稼ぎやすいジャンルだと感じています。

私自身、3ヶ月間、猛勉強してから始めました。
最低限、必要な知識は3ヶ月あれば得られますので、簡単ではありませんが、すごく難易度が高いわけではないと思います。

他の資産所得よりも規模拡大のスピードが早いため、セミリタイヤを目指すなら不動産投資が最短です!

株式投資

メリット

  • 完全に放置ができる
  • ちゃんと勉強してルールを守れば、まず失敗しない
  • それほど資金がなくても始められる
  • 副産物アリ(財務諸表が読める・経済に興味を持つ)
  • 売買のタイミング次第で、かなり儲けられる

デメリット

  • 稼げたとしても年利3~5%が相場
  • 資金がない人にとっては、あまり旨味がない
  • そこそこ時間をかけて勉強する必要がある

必要な資金

400万円

必要な期間

0か月(資金があれば、すぐに作れる)

難易度

★★

具体的な方法

配当利回り3%の銘柄を、400万円分買う。

高配当の個別株や、米国ETFをおすすめします。

一言コメント

株式投資は相場があるので、基本的には相場以上に稼ぐことが難しいです。

仮に、相場以上に稼ごうとした場合、ハイリスクになるため、負ける確率が上がります。

しかし、例外があり、5~10年に一度の大チャンスがやってきます

そのチャンスを逃さなければ、大きく稼ぐことができます。

実際に、私は2020年3~4月の株価暴落のチャンスを逃がさなかったことで、まとまった資金をつくることができ、そのため、はじめて1棟アパートを購入することができました。

基本的なルールを守れば、まず損することはないと思いますので、資産所得の難易度としては低め

でも、株式投資でセミリタイヤするのは現実的には、かなり難しいです。

仮に税引き後配当利回りが3%だとしたら、1億円の資金があって年間300万円の不労所得。

ほとんどの人は、1億円の現金なんて持っていませんから。

別記事で、素人でも勝てる株式投資の方法について解説しています。

【株式投資】素人でも勝てる銘柄の選び方と買うタイミング|16年で1,000万円以上稼いだ投資術

電子書籍(Kindle本)

メリット

  • 出版してしまえば、完全に放置ができる
  • 出版するためのコストが極めて低い
  • Amazon社のプラットフォームが使える
  • 設備投資不要(PC、word、ネット環境があれば出版できる)
  • 全く売れなくても、ほぼノーリスク
  • 出版後でも、簡単に修正や加筆ができる

デメリット

  • 売れない本は、全く売れない
  • 数冊の出版では、利益はお小遣い程度
  • 世間から5段階で評価される(厳しい評価をされることもある)

必要な資金

6,000円~(表紙のデザイン料)

必要な期間

1ヶ月

難易度

★★★

具体的な方法

売れる電子書籍を出版する。

当然、どんな電子書籍を何冊出版するのか、次第。

一言コメント

2021年4月にはじめて電子書籍を出版し、これまで3冊出版しました。

3冊で、月の収益(不労所得)は1~1.5万円

電子書籍は、出版してしまえば、完全に放置ができるので、完全な不労所得です。

気をつけなければいけないことは、テーマ選び誰に買ってもらうか

ただ単に、電子書籍を出版すれば売れるわけではありません。

出版した3冊のうち、2冊はそこそこ売れましたが、1冊は全く売れていません…。

副業や稼ぐことをテーマにすれば、そこそこ売れるはず。
でも、それ以外では、おそらく尖ったテーマでなければ売れないと思いますので、難易度はやや高めに評価しました。

別記事で、電子書籍の出版方法について詳しく解説しています。

【副業】電子書籍で資産所得を得る方法|Kindle本の出版方法を詳しく解説

また、noteで電子書籍の収益報告や感想など詳しくしています。

まさどんの複業ラボ:複業報告2021年12月|電子書籍編

ブログ

メリット

  • 拡散の力を利用できる
  • 実践しながらwebマーケティングやwebライティングが学べる
  • ローコストで始められる
  • 営業(商品紹介)ツールとして優れている

デメリット

  • マネタイズまで、ある程度期間が必要
  • 継続が難しい人が多い
  • かなり勉強しないといけない

必要な資金

20,000円~(有料テーマ、サーバー代、ドメイン代)

必要な期間

1年以上~

難易度

★★★★ ★

具体的な方法

特化ブログで100記事を目指して書いて、アドセンス&アフィリエイトでマネタイズする。

一言コメント

ブログの最大の魅力は、拡散の力を利用できること。

電子書籍も可能ですが、ブログの方がwebの強みを生かしやすいと感じます。

アフィリエイトやアドセンスで自動収益の仕組みをつくることは可能ですが、資産所得で月1万円以上稼ごうとなると、かなり難易度が高い

一方で、自分の商品販売であれば、比較的稼ぎやすいと感じます。

2021年1月にブログを始め、これまでアフィリエイト&アドセンスの収益は月500~2万円程度。
ただし、2万円達成は1度だけで、ほとんどが500円~1,000程度。かなりラッキーだったと思います。

自分の商品販売(コンサル)では、50万円ほどの収益があるのですが、今回の趣旨は不労所得。

そして、現在ブログ2年目。2年目のうちに、アフィリエイトとアドセンスで、月1万円は達成できるような気がしています。

達成したら、どこかの機会で報告し、そのプロセスも全て公開したいと考えています。

noteで、約1年間のブログ運営をした結果報告をしています。収益や感想など。

まさどんの複業ラボ:複業報告2021年12月|ブログ編

ストックフォト

メリット

  • 趣味と実益を兼ねてできる
  • デジカメがあれば始められる
  • 維持費がかからない
  • 全く売れなくても、ほぼノーリスク

デメリット

  • プロのカメラマンがライバルになるため、売るのが難しい
  • かなり枚数を撮る必要がある

必要な資金

数万円~(デジカメ台)

必要な期間

難易度

★★★★★?

具体的な方法

ストックフォトで、1ヶ月間で125枚売る。

一言コメント

2021年9月から始め、4ヶ月かかりましたが、ようやく1枚売れました。

1枚売れて、80円

どれほどのポテンシャルがあるのか、まだよくわかっていないので、これから研究していきたいと考えています。

ただ、125枚売るのは、かなりハードルが高いような気がします…。

最後に

資産所得の作り方について、解説しました。

資産所得全てに共通して言えるのは、誰も教えてくれない、ということ。

そして、簡単ではないので、かなり勉強する必要があります

自分で調べて、考えて、実践するしかありません。

でも、簡単ではないからこそ、やりがいがありますし、収益化の仕組みができた喜びや達成感を感じます

おそらく、資産所得を作り始めてから結果が出るまで、本気で取り組んでも、2~3年くらいかかると思いますが、チャレンジする価値があると思います。

そして、やはり資産所得の中でも、セミリタイヤを目指す人には、不動産投資を強くおすすめします!

このブログでも、不動産投資でセミリタイヤを目指すための具体的な方法を解説していますので、宜しければ他の記事もご覧くださいね!

今回は以上です。

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA